自分ひとりの旅をお探しなら「一人旅にチャレンジ」で!!旅行までの費用や、準備等すべてわかります。

トラブル時の対応

旅行中には、小さなものから大きなものまで様々なトラブルが起こるものです。一人旅の場合は予期せぬトラブルに慌ててしまい、パニックになってしまうこともあるでしょう。トラブルが起きてしまっても、冷静に判断して行動することが大事になります。ここでは、トラブル時の対応のしかたを紹介しましょう。

電車やバスに乗り遅れてしまったら?

女性乗り物への乗り遅れは、旅行中よくあることですよね。乗り遅れたことを悔やんでばかりいないで、次にどうするかを考えましょう。これは、他のトラブル発生時にも言えることです。

時刻表などを確認し、次の電車やバスがわりと早く来るようなら近くのカフェなどで持つのもいいですし、そうでなければ思い切ってルート変更するのもいいでしょう。乗り遅れたことで、行くはずのないお店に行ったり、会うはずのない人と出会ったり…。新たな発見ができるかもしれませんよ!

乗り遅れの予防策

乗り遅れないための予防策としては、ツアー旅行のように、“何時から何時までは買い物をして、何時にはバス停に”というように時間を区切ってあらかじめ決めておきましょう。せっかく自由な一人旅なのに…と思うでしょうが、乗り遅れることで楽しみがなくなってしまうようなときに、時間を区切るというのは効果的な方法です。

忘れ物・落し物をしてしまったら?

旅行中のトラブルで一番多いのは、忘れ物または落し物でしょうね。旅行中は誰しも注意力が散漫になってしまう傾向があります。その結果、忘れ物や落し物が多くなってしまうんですね。グループ旅行なら、誰か気づく人もいるかもしれませんが、一人旅の場合はそうはいかないですね。見知らぬ人でも、もし気付けば声をかけてくれるかもしれませんが…。また、忘れ物といっても家に忘れてきてしまった場合、もし何か代用できるものがあればそれで我慢する、あるいは全く別の方法を考える…このどちらかになるでしょう。

忘れ物・落し物の予防策

移動する都度、できるだけ荷物確認するようにしましょう。チケットや携帯電話などの小物類は、収納場所をちゃんと決めてください。また、チケットなどの紙類はバラバラになりやすいので、クリアケースにまとめて入れておくとなくさずに済みます。さらに万が一、カード類を落としてしまったときに備え、停止措置の連絡先リストを作っておくといいですよ。

盗難に遭ったら?

これは本当に最悪の事態ですが、盗難に遭ったときのことも頭の隅に入れておかなければいけません。国内ではもちろんのこと、特に海外での一人旅の際には十分な注意が必要です。十分に注意していても、少しの隙を狙ってくる人はいるのです。お金、パスポート、飛行機のチケット…多くはこれらが狙われます。

お金

お金は戻ってこないものと思って諦めてください。トラベラーズチェックは、カウンターサインをしていなければ再発行が可能です。まずは、トラベラーズチェックの控えに書いてある連絡先に電話しましょう。また、再発行には盗難届けが必要になります。

パスポート

盗難届けを出してから、日本大使館で再発行の手続きをしてもらいましょう。再発行には数日かかり、その際には証明写真が必要になります。

飛行機のチケット

飛行機チケットが盗まれた場合は、現地の航空会社に行って手続きをしましょう。再発行までは約1週間かかります。また、格安航空券の場合は再発行してもらえない可能性があります。そのときはあきらめて、新たに購入してください。

盗難の予防策

予防策としては、お金は小分けに持つこと、貴重品はいつでも肌身離さず身に付けていること、パスポートはコピーを用意しておくことです。

病気になってしまったら?

環境の変化や慣れない食生活で、旅先で病気にかかる人もいるでしょう。病気になってしまったら、せっかくの楽しい旅行が台無しになってしまいます。しかも、それが異国の地で一人旅となれば、これほど心細いものはありません。体調の悪いときは絶対に無理せずに、ホテルでゆっくり休みましょう。病気を治すことを最優先してください。

また、解熱鎮痛剤を持っていくことを忘れずに。風邪薬や胃薬は持っていても、いざという時に役立たなかったりします。このほか、出発前に旅行先の医療情報をチェックしておくことをおすすめします。

病気の予防策

常に体温調節のしやすい服を着るようにして、水分をこまめに補給するようにしましょう。また、疲れを感じたら長距離の移動はしないことも大事です。さらに食事がおいしいからといって、食べすぎにも十分気をつけてくださいね。あと、宿泊先に戻ったらうがい・手洗いを忘れずに!

トラブル時の対応
タクシー等利用時に過剰な請求をされたら?
くにゅんば

海外での一人旅の場合タクシー等を利用することも多いと思いますが、
海外でのトラブルの一つにタクシーがあります。

払ったはずのお金の一部を安い単位のお金にすり替えて追加を払わせ結果的に多く払わせたり、わざと遠回りして過剰な請求をしたりします。これは先進国の大都市でも見られる光景です。逆らって仲間を呼ばれるなどして問題を大きくしてしまう可能性もありますので、たいていの場合私達にとってそう問題にする額のものではありませんので、払ってしまうほうが問題無く済みます。ただ貴方がその国の言葉がある程度話せる場合、値切り交渉してみるのも良いでしょう。

また、途上国の場合メーターが付いていないタクシーが存在します。これを利用するときには前もって乗る前に行先を言って値切り交渉をしてからの乗車をお勧めします。乗ってしまってからの値切り交渉は難しいのです。途上国等では値切られることを前提にもともと大きな額を請求してくる場合もあります。

このページの先頭へ
一人旅の計画
一人旅の準備
いよいよ一人旅へ!