自分ひとりの旅をお探しなら「一人旅にチャレンジ」で!!旅行までの費用や、準備等すべてわかります。

宿泊先

行ったその日に宿泊先を探すのもいいですが、できれば予約しておいたほうが安心でしょう。宿泊先がすでに決まっている場合は、ホテルの公式サイトなどのほか、宿泊予約サイトを利用すると便利ですよ。また、何も決めていない場合も予約サイトが役立ちます。様々な料金プランが用意されているので、お好みで選びましょう。

ホテル

一口にホテルと言っても、比較的豪華なホテルから、格安のビジネスホテルまでピンキリです。全国各地に、数多くのホテルがあります。各ホテルの特色を把握し、自分自身の都合や予算と相談しながら決めましょう。ここで、一般的なホテルとビジネスホテルの特徴を簡単に説明します。

一般的なホテル

ホテル全国展開しているホテルも多いので、探しやすいと思います。安心して泊まれるのが、ホテルの特徴ではないでしょうか。宿泊費はホテルによって様々ですが、一般的に少し高めかもしれませんね。部屋にはバスやトイレなどが完備されていますし、料金が高い分だけ、快適に過ごせると思いますよ。

また、ホテル内に飲食店や売店、フィットネスルーム、エステサロンなどの色んな施設が用意されているところもあります。それらの施設を利用するなどして、のんびりと過ごしましょう。食事に関しても、食堂で他の宿泊客と一緒に食べたり、ルームサービス、バイキング、ホテル内のレストランで…など、その形態は様々です。朝食付きのプランもあれば、そうでないものもあります。それによって料金が変わってくるので、事前にチェックしておきましょう。

ビジネスホテル

ビジネスホテル一般のホテルほどきめ細かいサービスはありませんが、一人旅にはビジネスホテルも人気ですね。基本的にはビジネスマン向けのホテルのため、比較的安く泊まることができます。さらに、一般のホテルと同様に全国展開しているビジネスホテルがたくさんあって、探しやすいことも人気の理由でしょう。

食事は外に食べに行きたいし、寝る場所だけがほしい…そんな一人旅のときには、ビジネスホテルで十分ではないでしょうか。それに、ビジネスホテルの場合、当日予約が取りやすいことも魅力です。チェックインが遅くなったり、チェックアウトが早朝になりそうなときなどは便利ですよ。

このページの先頭へ

旅館

旅館日本国内の一人旅の宿泊先としては、旅館を思い浮かべる人が多いでしょう。温泉施設などで、ゆったり過ごすのもいいですね!こういった場所で有意義に過ごすのも、時間を自由に使える一人旅ならではの魅力です♪ただ、一人旅で旅館に泊まるのは困ったことが起きる場合もあることを覚えておかなくてはなりません。それは…一人旅だと宿泊を拒否する旅館が数多くあるということ。

というのは、旅館の料金プランがグループや団体のお客様向けに設定されているからなのです。そのため、もし宿泊先の旅館が見つかったとしても泊まれなかったり、割増料金で泊まらなければいけなかったりすることもあるでしょう。旅館も宿泊予約サイトなどから予約できますが、そういう事態をさけるためにも事前に、一人旅の宿泊ができるかどうか、旅館に直接問い合わせてみることをおすすめします。

このページの先頭へ

ユースホステル

ユースホステルユースホステルとは相部屋方式のホテルで、簡易宿泊施設のことをいいます。他の人との会話を楽しみたいにピッタリの宿泊先です。全国各地にあって、料金も安めのため、学生の利用者も多いことがユースホステルの特徴といえるでしょう。食事に関しては、食事付きと食事なしが選べます。いろんな人との触れ合いができるのですが、その分、治安面に心配が出てきます。なので、特にそういった点が心配な女性などには、ユースホステルはちょっと不向きかもしれませんね…。

また、ユースホステルに泊まるには、事前に会員登録が必要になります。登録の際には、会員登録料と年会費が別途かかります。会員登録をしなくてもユースホステルに宿泊はできますが、その場合は割増料金を払わなければなりません。

カプセルホテル・サウナ・健康ランド

安価に宿泊したい方におすすめです。安い所では\2,000前後から宿泊可能なものもあります。最近はサウナにカプセルホテルが併設していたり、健康ランド内にカプセルホテルが併設していたりとそれぞれの境目があいまいになってきています。

カプセルホテル

一人が寝られる大きさのカプセル状のベッドが上下二段に積まれ、それがたくさん並べられ、少ないスペースで多くの人が宿泊できるようにしたものです。カプセルの入り口のカーテンを閉めることにより、他と隔絶されて自分だけの空間ができるようになっています。カプセル内の主な設備としては、照明、テレビ、ラジオ、目覚ましアラームなどがあります。ほとんどのカプセルホテルには宿泊者が利用できる共同浴場が備えられています。カプセルホテルは繁華街に立地している場合が多く、飲酒後帰宅するのが面倒な方の利用も多いため、飛び込みでも泊まることは可能ですが前もって予約することをお勧めします。

サウナ

サウナにはたいてい入浴施設が併設しており入浴がかのうです。また入浴後休憩するための休憩所も併設されています。休憩所にはテレビ付のリクライニングシートやベッドが並べられていて仮眠できるようになっています。24時間利用できる施設も多くそういった場合は宿代わりに利用する方法もあります。

健康ランド

温泉等を伴った入浴施設に、休憩施設、レストラン、ゲームコーナー等が併設されたもので、そこに行けば一日楽しめることを目的とした施設です。

主に家族連れが利用し、一日楽しんで帰るイメージが強い健康ランドですが、施設によっては深夜も営業していて宿泊可能なものもあります。ただし多くの健康ランドは町の中心部や駅から離れた場所に立地するものが多いため、利用を考えた場合はそこに行くための交通手段を確認しておく必要があります。中には送迎バスを備えた施設もあります。

このページの先頭へ
一人旅の計画
一人旅の準備
いよいよ一人旅へ!